自動車免許を素早く取得しよう【合宿は圧縮スケジュール】

ちょっとした旅行気分

自動車

自動車免許を取る際に通学ではなく合宿を選択したら、合宿先にて旅行気分を味わえるというメリットがあります。現地の観光を楽しめますし、合宿中もプライベートな時間が欲しいという人は、ホテルの部屋に泊まることも可能です。

詳細を確認する...

免許をゲットするまで

運転

自動車免許を取得するまでの教習は、二段階に分かれています。第一段階では教習所内を走り、第二段階にて公道を走ります。通学と合宿で内容に差はありませんが、取得するまでのスピードに差があります。

詳細を確認する...

注意点に留意

自動車

自動車免許を取得する際、合宿だと期間が短いなどのメリットがありますが、地元と違う道を走ることになるなどの注意点もあります。免許取得を考える場合は、注意点についてもしっかり考えるようにしましょう。

詳細を確認する...

通学と比較

自動車

日本では自動車を運転できるかどうかがキャリアにおいて大きな境目となることがあります。まずどんな仕事でも、田舎や郊外のほうへ行くと車が運転できなければ不利になってしまいます。東京などの都会は交通大国でもあるので電車通勤が可能ですが、やはり自動車免許を持っているかどうかはそれなりの意味を持ってきます。
自動車免許を取ろうと思ったら、主にふたつの選択肢があります。ひとつは通学による取得で、ひとつは合宿による取得です。

どちらにもどちらのメリットがあり、「こっちのほうが優れている」と言うことはできませんが、できるだけ短期間で取得したいのであれば合宿プランのほうが圧倒的に優れています。
というのも、合宿だと、どの教習所であっても短期間で自動車免許を取得できるようにカリキュラムが組まれており、三週間かからずに免許を取得することも難しくはありません。AT限定で最短のプランであれば、14日で取得できることもあります。一方通学であれば一ヶ月はかかるのが普通で、通い方によっては二ヶ月、三ヶ月と伸びていきます。通学だと予約などの関係があり、素早く自動車免許を取りたいと思っている人にとっては難しい面があります。

また、合宿であれば料金を抑えることができるというメリットもあります。
通学だと教習の進め方や免許の取り方が教習生の生活スタイルによりある程度変わってくるので、各種支払料金はそれぞれで独立しています。しかし合宿の場合は、入校から卒業までひとつのプランとして決まっているため、パック料金で利用することができるのです。
この料金には、教習の料金や仮免許検定・卒業検定の料金、テキスト代、ホテル代、交通費などがもろもろ含まれています。そのため、できれば事前に確認しておくのがベストですが、基本的にはパック料金以外のお金はかからないと考えて問題はありません。