自動車免許を素早く取得しよう【合宿は圧縮スケジュール】

免許をゲットするまで

運転

自動車免許を取得するには、教習所が提供している学科教習と技能教習をしっかり受け、教員に修了できるかどうかを認めてもらい、検定を受ける必要があります。そこまでの道のりは、通学と合宿で本質的な違いはありません。
教習は二段階に分かれています。第一段階は教習所や合宿所内に設けられたコース内を走り、運転の基本的な技術を身につけていきます。この間は免許を持っていないので、もちろん公道を走ることはできません。また、運転のために必要な知識もこの時期の学科教習にて覚えていきます。
第一段階の教習がすべて終わると、仮免許検定を受け、合格すれば晴れて仮免許が発行されます。

仮免許を取得すると、運転免許保持者が助手席に座っていることなどの条件つきで公道を走ることができるようになります。そうすると教習は第二段階へ移行し、実際の道を走りながら運転の感覚をつかんでいきます。もちろんこの間も学科教習があり、運転に関する細かい知識を深めていきます。
自動車免許の本免許を取るためには、まず教習所の卒業検定を受ける必要があります。これに合格すれば卒業となり、その後、運転免許センターにて学科試験を受けて自動車免許取得となります。

通学と合宿で学ぶ内容は同じですが、その過程が異なります。
通学の場合は、どの学科教習や技能教習を受けるにも予約をする必要があります。学科教習であれば、予約からあぶれることはほとんどありませんが、技能教習は混んでいる日だとなかなか乗れないこともあります。
合宿の場合は、これらのカリキュラムがすべて綿密にスケジューリングされています。そのため、余計なことを考えずに教習に集中することができます。
とはいえ通学にメリットがないというわけではなく、通学の場合は自分のペースで自由に教習を受けられるというメリットがあります。自身にはどちらのほうが自動車免許を取りやすいのかをよく考え、選択するとよいでしょう。